【子連れでの避難】災害に備えて防災グッズ『持ち出し袋』の見直し

こんばんは。はる(@little_patch_)です。

今年の日本は各所で多数の災害が発生しています。もともと地震大国の日本。
それに加えて台風や噴火など日本各地で天災の被害が起きています。

私は東京都内に住んでいますが幸いなことに今のところ避難をしなくてはならないような事態に遭遇したことがありません。

ですがいつ来るかわからない東京大震災や台風などに備えておく必要があると考えています。

正直な所独り身のときは来るときは来る。とあまり大事に考えていませんでしたが今は子供もペットも沢山の守るものがあります。主人が仕事に行っていれば私一人で7つの命を守らねばなりません。正直一人のときにいっぺんに避難させることは不可能です。子供優先にはなりますがしっかりペット用の避難袋も準備をしています。

私がこの子たちを守るためには何が必要なのか改めて考えてみることにしました。

我が家の持ち出し袋

我が家には防災用のリュックが2つあります。今回はそれの見直しと追加で第二袋についても考えてい行きます。

第一袋➡非難するときそれだけをもって出ていくというもの(両手が開くようにリュックがお勧め)

第二袋➡避難生活が長引きそうなときに一度帰って取りに行くもの(ペット用のものは第2袋に入れてあります)

もしお子さんリュックを背負えるということであれば子供にもリュックを背負わせるのが良いです。
仮に迷子になったとき目印になるものや少しの食料があると安心です。何があるかわからない災害時、備えあれば患いなしです。

現在あるリュック二つはもともとセットで売っているものをそのままつかっています。それに追加でモバイルバッテリーを入れてあります。

それを寝室と車にそれぞれ置いてあります。車は軽自動車なのであまりスペースがないのですが万一に備えて車にものせてあります。オムツも一袋予備で車に乗せてあります。

はる

見直しを全然してこなかったので賞味期限とか確認しないと・・

★第一袋に子供用に追加するグッズ

  • 子供用の水(もしくは麦茶)まだミルクの人は哺乳瓶などのセットもワンセットあると安心ですね。
  • レトルトの離乳食(それぞれの月例に合わせたものをその都度交換するようにしましょう)
  • オムツ5枚(沢山詰め込むと持っていけなくなるので第二袋に多く入れる)
  • おしりふき(体をふくのにも使えるので新しいものを一つ入れておきましょう)
  • 子供の着替え1セット(これも季節ごとに見直しが必要)
  • おもちゃ(避難所生活で迷惑にならないよう音のならないものにしました)

第二袋には上記のものを少し量を多くして入れておこうと思います。

子連れでの避難方法を考える

地震、台風、火災などなど場面によっても自分がいる場所によっても変わってきますが避難するとき慌てないようにどうしたらいいのか調べてみました。

  • 避難は抱っこひもで
    ベビーカーは使えない場合が多いと考え避難は抱っこひもで行うようにします。そのとき子供にも靴を履かせておくのが良いとのことでした!もし避難生活が長くなった場合に必要です。
  • ヘルメットを着用させる
    我が家は自転車用のヘルメットがありますのでこれを付けて避難させることにします
  • 避難準備情報が出たらすぐに準備する
    これは台風のときなどテレビで避難が必要かもしれない情報が流れたら準備をしましょう。大人だけならすぐ出れても子連れだと中々準備に手間取りいざ避難するときには大荒れになっているかもしれません。早め早めの行動が大切ですね。(このとき正しい情報をしっかり自分で確認してからにしましょう
  • 戸締りをして避難する
    災害時を狙って空き巣などに入る非道な人もいるそうなのでいつもと同じように戸締りをしてから行きましょう。

もちろん地震などで想像を絶する場面に遭遇する場合もあるかもしれません。ただ考えておけば何かの役に立つこともあると思います。

いざというときに慌てない準備を

いつ起こるかわからない地震、予想以上の被害をもたらす台風。日本列島は各地で災害が頻繁に起きるようになってきました。

そんな時何も考えていない、準備もしていないとなるとどうしていいのかわからず逃げ遅れるなんてことにもつながります。

私のように守るべき命があるときはそんな一時の時間も命取りになるかもしれません。なのでしっかり考え準備をしておきましょう!!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください