【PR】壊れた?外付けHDDからデータ復元?!「EaseUS Data Recovery Wizard」を使用してみた

こんばんは。はる(little_patch_)です。

先日パソコンをアップデートする際に外付けHDDをつないだままやっていて回復ドライブにしてしまったんです、、そこに入っていたのは写真データ約6万枚。そのうちバックアップがあったのが4万枚だったので2万枚の写真が消えてしまいました、、。

娘の誕生日や大切なデータが沢山入っていたので心の底から落ち込みましたが外注でお願いすると50000円以上かかるとの見積もり、、お金を貯めてからお願いしよう。といったん放置していました。

そんな中今回EaseUS様から素敵なソフトをご提供いただいたので早速データ復元ソフト『EaseUS Data Recovery Wizard』を試してみることにしました!

帰ってきて私の2万枚!!!(ちなみにバックアップしてるつもりでなぜかその期間だけされていなかった・・)

EaseUS Data Recovery Wizardとは?

EaseUSは2014年に創設されてからデータ管理に特化したソフトを多数開発していて現在では世界180か国以上で個人や法人の利用があるそうです。

そのためオンラインチャットでのサポートは英語になっています。(日本語でのサポートはメールがありますのでご安心ください!

今回提供していただいたソフトもVectorプロレジ大賞のバックアップ&復元部門賞を何度も受賞しており信頼できるソフトであること間違いなしです♪

EaseUS Data Recovery Wizardでできることは?

このソフトでは4つの復元をすることが出来るんです!

  1. 削除データの復元
    間違って消してしまったもの、ゴミ箱に入れて消してしまったものなどのデータ復元
  2. フォーマット復元(←今回私はこの復元に挑戦しました。
    フォーマットしてしまったパーティション、PC内のドライブ、外部のSDカードやHDDからデータを復元
  3. パーティション復元
    システムの再インストールやリサイズ、その他ディスクエラーによって消えてしまったパーティションを復元
  4. 他のデータ復元
    システムクラッシュやハードドライブエラー、最近自然災害などで心配な予想外の停電などによって紛失してい待ったデータを復元

これを見て分かる通り大体のデータは復元可能なのでは?と思ってしまいます。カメラを使っていると間違ってSDカードをフォーマットしてしまったり、SDカードが故障してしまったり、読み込み時にファイルが故障してしまったりなどいろいろなハプニングがつきものです。

そんな時このソフトがあると心強いですよね!

EaseUS Data overy Wizardの3つのシリーズについて

EaseUS Data Recovery Wizardには3つのシリーズがあります。それぞれ無料のものや有料のものがあります!

Windows版、Mac版、ios版、アンドロイド版、メール復元など種類も色々ありますがそれぞれバージョンが違いますのでご自身の必要なOSに合わせて選ぶようにしましょう。

ここでは私が使っているWindows8.1に合わせてご紹介をしたいと思います。

Data Recovery Wizard
2018年9月8日現在の価格➡
Free
【無料】
Pro
【8,900円】
Technician
【58,000円】
指定したフォルダからのデータの復元
誤削除やフォーマットの誤操作によって消失した
データの復元
画像、ビデオ、ドキュメント、メールなど、
様々なファイル形式の復元に対応
パソコン、ラップトップ、ハードディスク(外付け含む)
など、多様なデバイスに対応
誤削除されたデータ、非表示になったデータ、
RAWになったファイルシステムの復元
永久無料アップグレード
無料の技術サポート(永久保証)
クライアントへのサービス提供
ライセンスの形式 1台PC用ライセンス 無制限ライセンス
復元可能データ容量 500MB、SNSに
本ソフトをシェアすると、
更に1.5GBを追加(合計2GB)
制限なし 制限なし

無料版では大きなデータは復元することができないのでまずは無料版で復元できるのかを確かめてから有料版を購入するという流れが良いと思います!

※今回提供していただいたのはPro版です

対応ファイル

ドキュメント DOC/DOCX、XLS/XLSX、PPT/PPTX、PDF、CWK、HTML/HTM、INDD、EPSなど
画像 JPG/JPEG, TIFF/TIF, PNG, BMP, GIF, PSD, CRW, CR2, NEF, ORF, RAF, SR2, MRW, DCR, DNG, WMF, RAW, SWF, SVG, RAF, DWG, ARW, RW2, DCR, KDC, ERF, 3FR, MEF, PEF, SRW, X3Fなど
ビデオ AVI、MOV、MP4、M4V、3GP、3G2、WMV、MKV、ASF、FLV、SWF、MPG、RM/RMVB、MPEGなど
オーディオ AIF/AIFF、M4A、MP3、WAV、WMA、APE、MID/MIDI、OGG、AAC、RealAudio、VQFなど
Eメール PST、DBX、EMLXなど(Outlook、Outlook Expressなど)
そのほか アーカイブ(ZIP、RAR、SIT、ISOなど)、exe、SIT/SITX、HTMLなど

私が回復したいHDDの中には写真のほかにもいろんなデータが入っていた(はず)ですがどこまで復元できるのか楽しみです!

今回復元したいHDDはこちら

3年保証がついているのでメーカーにも問い合わせてみましたが私が勝手に回復ドライブにしてしまっただけなのでWindowsのヘルプページを紹介していただいただけで終了しました、、。

回復ドライブからの復元を色々なサイトで試したのですが色々やりすぎてとうとうPC上にアイコンが表示されなくなるという悲劇、、。

このソフトを信じ思い切ってフォーマットすることにしました。なので今回はフォーマットした外付けHDDからどこまで復元できるかという検証になります!

ソフトのインストール方法

こちらのHPよりダウンロードできます!

ダウンロードについては特に難しいことはなく画像のボタンを押してダウンロードを進めていくだけと簡単です!

ソフトの使い方

ソフトがダウンロードできたら早速起動してみましょう♪

ソフトを開くとこの画面が起動します。ここで復元したいファイルを選びスキャンをします。

私は外部ドライブの【Transend1】を選択。ご覧のとおりファイルはフォーマットされておりファイルは空となっています。

早速スキャンを開始。

スキャンを開始するとどんどんファイルが戻ってきます!!残り時間は2時間?!

放置しているとどんどん画像データも復元されてきました♩

そしてスキャン完了!検出されたデータは20万越え💦すごい、、元がいくつ変わらないので何パーセントかわからなかったので、この後わざと消して復元するということを何度か繰り返した結果戻らないデータもあったので100%ではないことがわかりました

この中から必要なデータをリカバリーしていきます。

リカバリーの保存先を選択。私はパソコンが古くそんなに空きがないので少しずつダウンロードして外付けHDDに保存することにしました。
元のHDDに保存することはできないのでいったん別の場所に保存することが必要です。

リカバリーにも時間が掛かります。がそれは仕方ないのでじっくり待ちます。

リカバリーが完了!!

リカバリーの保存先にはフォルダーが作られます。データの名前もこのとき書き換えられているので元通りというわけではないようです。

画像管理をライトルームで行っているのでライトルームに読み込むと画像データがかきかえられている関係で日付順にならず読み込んだ日にすべて画像が入るという残念な結果に、、。

ライトルームの機能を使うことはできませんがデータがないよりは100倍マシです!!!

データが消えてもあきらめないで!!

今回初めて復元ソフトを使用してみましたがここまで復元してもらえると思っていなかったのでとても満足しています!

業者にデータ復元を頼むと5万円程度の料金がかかってしまうこともあるのでソフトで復元できるなら安いほうだと思います。

写真を撮っているとデータとの関係は切っても切れないものがありますので備えておくと安心ですよ♪
色々あるソフトで迷われている方がいたらぜひ「EaseUS Data Recovery Wizard」を使ってみてはいかがでしょうか!

公式HPでは復元ソフトのほかにもバックアップソフトなど便利なソフトが販売されていますので一度覗いてみてください。➡EaseUS(イーザス)公式HP

公式のツイッターも合わせてcheck!

こちらからもダウンロードが可能です!

パッケージ版の販売もあるのでご自身にあったものをお買い求めください♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください