和と洋の写真を楽しむ【江戸東京たてもの園】子連れで撮影散歩

こんばんは。はる(@little_patch_)です。

先日最高にエモい?!インスタ映え間違いなしのスポットにママ友と行ってまいりました。目的は子供の撮影。ポートレートには最高のロケーションばかり。大人も和服もしくは和モダンな服を着ていきたくなるような素敵スポットをご紹介します。

シャッターが止まらない【江戸東京たてもの園とは】

昔にタイムスリップしたような気分になれる江戸東京たてもの園は入場料も安く子供から大人まで楽しめる場所です!

アクセス:〒184-0005 東京都小金井市桜町3-7-1(都立小金井公園内)
最寄駅:JR中央線「武蔵小金井」駅「東小金井」駅、西武新宿線「花小金井」駅で各駅より※バスに乗り向かいます。
駐車場:小金井公園の有料駐車場(第1駐車場)料金:乗用車1時間:300円(30分超過ごとに100円)大型車2時間:2,000円(30分超過ごとに500円)
休館日:毎週月曜(ただし祝日の場合は翌日)、年末年始

入館料 個人 団体
一般 400円 320円
65歳以上の方 200円 160円
大学生(専修・各種含む) 320円 250円
高校生・中学生(都外) 200円 160円
中学生(都内在学または在住)
・小学生・未就学児童 
無 料 無 料

※バスは各電車により異なりますのでHPのアクセスをご覧ください!

公園の中にある施設ではありますがかなり広々していてレストランやカフェまである大きな施設になっています。

園内マップ

引用元:江戸東京たてもの園公式HP

【作例多数】写真で見て知る館内の様子

私が行ったのは夏休みも残り僅かの平日8/30です。土日や季節によっては混雑状況などが変わるかもしれませんのでご注意ください。

とにかくシャッターを切りまくって450枚の写真を撮影していました。絞り込んで230枚、、すべてを紹介することはできませんが沢山いい写真が撮れたので紹介しながら館内の様子をお伝えします。

ベビーカーでも入場可能!入り口で荷物を預けよう。

真正面は階段ですが右側にスロープが隠れているのでベビーカーでも入場可能です。
入り口を入ってすぐ左にロッカーがあります。100円入れますが返ってくるので必要最低限だけ持って他はおいていかれることをお勧めします。

受付で入場料を払って入場。中にもトイレはありますが入り口で済ませておくとスムーズですね。

入場してはじめにあるのがグリーンカーテン。ミストが出ていたり風鈴が鳴っていて涼しげ。朝顔、ゴーヤ、ひょうたんのカーテンでした。

この傘はこの園内で使える貸し出し用の日傘です。影があるだけでも違うので暑さが厳しい日にはうれしいサービスですよね。

お昼を食べよう!レストランは2つ

私はお昼頃に行ったので中で食べることにしました。うどん屋さんに行きましたがかなりお勧めなので皆さんおなかをすかせていきましょう♪

一階が休憩所、二階がうどん屋さんでした。二階に行くにもエレベーターがあるのでベビーカーも安心。

入り口に食券売り場があるのでそこで購入します。メニューはこんな感じ!クリームソーダ飲めばよかったな、、
この日の日替わり弁当が揚げ出し豆腐で残り2つということだったので二人ともこのお弁当に決定。

ミニうどん付き!子連れにはうれしいセットですよね。ただうちの子は食欲がすごいので揚げ出し豆腐とご飯半分を残してすべて娘に食べられてしまいました。

次回はちゃんと娘用のうどんを注文します。

沢山食べてご満悦の娘。撮影ご協力お願いしますよ!!

早速撮影散策。東ゾーンはあちらもこちらも粋なスポット

うどん屋さんから出て直ぐの景色。まるでタイムスリップしたかのようなジブリを少し感じるような空間でした。

一軒ずつお邪魔していく楽しさ。平日ということもあり子供が自由に歩けるのも良かったです!

緑も多いし木陰が多いので涼しく感じました。

酒屋さんがあったり、

傘屋さんがあったり

たばこ、干物やさんもありました。

あと普段なら絶対に撮影できない銭湯!男湯女湯関係なくはいれますよ♪

子供たちは甚平と浴衣。

普段撮影してたら間違いなく捕まりますよね、、笑

洋服を着てお風呂というのも変な感じがしますが、、(これ実は浴槽の中に黒子が2人。かなり深いので小さなお子様はご注意を!)

15円!いまに換算するといくらぐらいなのかなー?

旅館も広々していてぜひ泊まりたい。

夏が似合う景色も多くありました。井戸も水が出てより一層ジブリを感じさせてくれます。

小道を歩いているだけで画になりますよね?

お花屋さんは華やかな写真が撮れる!

ちなみに造花でした。

 私的に絶対撮影してほしいスポットNo.1はここ!

この電車!!特に期待してなかったんですがすごくいい写真が沢山撮れました♩

外に緑があるのもいいなー。椅子の色も好き。

掲載許可いただいたので一緒に行ったお友達。このやわらかい雰囲気が自分の好みど真ん中でした!

私も撮ってもらいました♩

大きくなったらここで制服着て二人で撮影させてくれないかな、、

親バカなので何枚もシャッター切りましたとも。あー可愛い。いいんです。親バカですから。

電車の中の写真はすべて85mmf1.8Dで撮ったもの。やっぱりボケ感が好み。

紅葉も楽しみなスポット!

夏場もライトアップなどがある時期があるみたいなんですが(今年はすでに終了)秋も紅葉のころライトアップがあるそうです。紅葉も沢山ありましたし紅葉が今から楽しみになるようなスポットです。

洋も魅力的!西ゾーン散策。まずはティータイム

こちらの洋館一階はカフェになっているのでまずは3時のティータイム

さっきの和とは打って変わってシャンデリアにアンティークな家具。

珈琲、紅茶はもちろんドイツビールやワインもいただけますしお食事はケーキやソフトクリーム、クリームあんみつなど和洋のデザートそれにカレーライスやハヤシライスなどもありました。うどんではなく洋食が食べたいという方は西ゾーンから回るのが良いです!

純生ロールケーキ(バニラソフト付き)なんて贅沢!カーネーションがかわいらしい。これで650円(税込)です。

おやつをいただいた後は西ゾーンの散策。

なんとなく思い出のマーニ―を思い出すような洋館でした。

写真好きにはたまらない写真館

マップを見て気が付きましたか?西ゾーンには写真館があるんですよ!しかも昔ながらのセットで係りの人が手持ちカメラで撮影してくれます♩

これはウキウキする!!

私としたことがスタジオだけの写真を撮り忘れてしまったので人間写ってるバージョンでお楽しみください、、

自然光たっぷり和洋折衷のイメージのスタジオらしいです。写真好きの方は忘れずにcheckしてくださいね!

最後はセンターゾーン。昔ながらのお家で和を感じる

昔の民家にお邪魔できるセンターゾーン。畳に上がることができました。

洋館に行った後だったので帯をしていないのが惜しい、、、

美術展のような展示をしている場所もありました。

縁側で小さなカップルショット。

小さな背中がかわいらしい♩

ここまで撮影してご飯の時間も含めて大体3時間半ぐらいでした。十分楽しめる場所ですよね。

帰りはお土産もあります

出口を出て左手にはお土産ショップがあります。

東京江戸たてもの園のオリジナルグッズから

和風なアイテムが多数そろえられていました。

豆皿がかわいい、、。ちなみにこのショップの奥にはcafeスペースもあるので最後に一休みして帰ることもできますよ。

これから行く方に声を大にしてお伝えしたいこと

脱ぎやすい靴でお出かけください!!!!!

これが一番です。何よりも。私かなりめんどくさいサンダルを履いていって後悔しました、、
建物に入るには靴を脱ぐ場合が多くめんどうです。お子様がベビーカーの場合は建物間の移動中は裸足でもいいぐらい。
ぜひこれから行く方は脱ぎやすい履きやすい靴でお出かけください。

あと入り口前にあるロッカーを有効活用してください。子連れだとなかなか難しいですがなるべく手ぶらで行くのがベスト。あっちこっち動いたりするのに荷物があると大変です。私はベビーカーに積んで外に置いておきましたが不用心だと思うのであまりお勧めできません。

そしてできれば、、和風な服と洋服の着替えがあるとベスト。今回和をメインに考えていたので洋の雰囲気にはあまり合わない感じになってしまいました、、一応帯を外してワンピースとしていましたが袖が、、
なのでもし余裕があればお着換えできると写真はよりよくなる気がします!

スタッフの皆さまもとても親切で優しい方ばかりで素敵な写真も撮れるしすっかりファンになりました。次は旦那もつれて遊びに行く予定です。秋の紅葉も今から楽しみ!

あわよくば大人の着付けなどやってくれる施設があればますます写真が楽しくなるのになーと思いました♩

ぜひ普段撮れないような写真を撮りに遊びに行ってみてください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください