一眼レフカメラを始めるときに同時に買うべき便利なアクセサリ

こんばんは。はる(little_patch_)です。

カメラを始めてからいろんな人にお勧めなカメラを聞かれたり使っているものを聞かれたりする機会が増えました。

なので実際に私が使ってお勧めできるものを中心に、今からカメラを買おう!としてる方の参考になるものを集めました。

ぜひこの記事を見てアクセサリ分の予算も考えてみてください。カメラとレンズにすべてお金を使ってしまうとあとでお金が足りない?!なんてことになりかねませんので要注意です。カメラ屋さんに行って買おうとすると種類が多すぎて迷ったり店員さんに勧められるまま購入したら使わないものが混じってた!なんてことが無いように上手なお買い物をしましょう!

  1. これだけはそろえたい必須アイテム
  2. これもあると安心アイテム
  3. 余裕があったら揃えたいアイテム

に分けてご紹介します。

撮影に欠かせない必須アイテム!これだけは購入しよう!

カメラを購入するにあたって一緒にレジにもっていくべきアイテムたちです。

①SDカード(記憶媒体)

まずこれがないとカメラで撮影をすることができませんので絶対に購入しましょう。
SDカードを購入するのに見るポイントは3つ。

  1. 容量
  2. 転送速度
  3. カメラと互換性

容量について

色々な種類がありますが32GB以上がお勧めです。私は64GBをずっと使っています。実はSDカードは容量によって名称が異なるのですがここでは総称してSDカードと呼びます。
カメラを始めたばかりのころは『jpeg』だけで保存することが多いと思いますが現像に興味が出てきて『RAW』でも保存することが出てきたときかなり容量を使うので先を見越して大きいものを使うべきだと考えています!パソコンにこまめに入れてデータを消しながら使えるという場合は32gbあれば十分なはず。

転送速度について

転送速度というものがSDカードにはあるんです!最大転送速度が速いカードであれば連射での撮影が快適にできたりパソコンなどに写真を転送するのも早くすることができるんですよ。

写真を撮るときに注目するのは最高スピード(例:95MB/秒)という項目で動画を良くとるという方は最低スピード(スピードクラス)に注目してみてください。動画の場合一定レベルの転送速度がないと読み込めない場合があるのでスピードクラスを見ることが大切です。

上記を踏まえてスピードクラスclass10の最高スピード45MB/秒以上、90MB/秒以上のものを選ぶようにしましょう!

私が使っているのがこちら

32GBバージョンがこちら

互換性について

カメラとの相性が悪いSDカードも実はあるんです。各カメラ会社ごとに推奨SDカードとして動作確認が済んでいるSDカードを公開しています。気になる方は探してみてください。ちなみに私はあまり相性が悪いカードに当たったことがありません。

おまけ:Wifi付きSDカード

最近のカメラにはWi-FiやBluetoothが搭載されているものが多くなってきていますが一部のカメラには搭載されていないものがあります。そういったカメラを買う場合でSNS等に挙げる場合は毎回パソコンに取り込んでからというめんどくさい作業が必要になります。そこでお勧めなのがSDカードにWi-Fi機能がついているもの。カメラ本体にWi-Fi機能がついているものと比べると若干の速度の遅さは否めませんが慣れれば問題なく使えます。

D600を使っていたときはこのSDカードに助けられていました!

②レンズを衝撃から守る『レンズフィルター』

レンズを保護することができるレンズフィルターが必須。フィルターにはいろいろな種類がありソフトな加工がかかるもの、イルミネーションをキラキラと輝かせてくれるものもありますがそれらは必要になったら購入を検討してください。

ここで紹介するのはレンズプロテクタとして使えるものをお勧めします。フィルターを付けることによってレンズをゴミや傷から守ってくれるので初めからつけておいたほうが安心です。

以前落としたときこのフィルターのおかげでレンズに傷がつくことなくすみました。
⇒詳細はこちら!【実践】割れてレンズフィルターが外れない?!そんな時の対処法

レンズの大きさによってフィルターの大きさも変わるのでレンズに書いてある大きさのフィルターを買いましょう

私の使っているレンズは『Ø77』なのでこのフィルターを使っています。

③液晶フィルター

携帯にもつけてる人が多いのではないでしょうか。ファインダーをのぞいた時に顔の汚れ?が付いたりタッチパネルの場合はべたべた指紋が付いたりしますので初めに買っておくのが良いでしょう。各機械ごとにフィルターが販売されているのでご自身のカメラのものを購入してください!

これもできれば買ってほしい!あれば安心アイテム

無くても撮影はできますがよりカメラを大切に長く使うためにあると安心アイテム!ぜひ予算に組み込んでください。

①レンズペン

レンズフィルターを付けていてもそこに汚れがついてしまうと写真に写りこんでしまうこともありますのでそんな時このレンズペンが役に立ちます。(ちなみにフィルター用のものレンズ用のものとがありますが私は一本でやっています)

よくあるクロスでも問題はないのですが溝に入ったゴミなどもブラシが付いているレンズペンならすぐ掃除できるので万能です。

②ドライボックス

カメラは非常に湿気に弱くカビが発生してしまうことがあります。カビてしまうとメーカーに出したりお金がかかる修理が必要になったりしますのでなるべく収納はドライボックスにして湿気から守りましょう。特に日本は湿気が多いので油断大敵です。

ドライボックスに除湿剤をいれてカメラを収納するのがベストです。

レンズなどが増えてきた場合はより安心な防湿庫が安心ですがお値段も高いので初めはドライボックスで十分だと思います。現在私は防湿庫導入に向けて勉強中!

③ブロアー

埃を吹き飛ばすこのアイテム。何気によく使います。触ってしまうと傷をつけてしまう危険があるので触らずに対処できるブロアーが便利。レンズペンと併用すればとりあえずは汚れからカメラを守ることができそうです。

小さいものだと威力がなくあまり意味がないので少し大きめものがお勧めです。

④カメラケース

持ち運ぶ際カメラをそのままカバンに入れるのはぶつかったりして危険です。(カメラバッグを購入する場合は別)なので私はいつもこのケースを付けて運んでいます。

一番はカメラバックがあるのが安全なのですが何せお高いのと子供の荷物を入れることが難しいのです、、。インナーバックといて自分が好きなカバンをカメラバッグとして使えるものもあるので自分に合っているもの購入しましょう。

余裕があったらあると便利!より良い写真を残すためのアイテム

同時に買わなくてもいいけど余裕があったら見てほしいアイテムたちです。

①カメラバック

先ほど紹介したケースだけでは心もとない!カメラ専用のものが欲しい!という方はカメラバックがおすすめ。
子供が生まれるまでラディカのカモフラデニムのバックを使っていたのですが今は販売していないようで残念、、

②三脚

風景などを撮りたい場合、家族写真をセルフで撮る場合などは必須アイテム。安いものもありますがカメラの重量によっては簡単に倒れたりするので耐荷重をしっかり見て購入しましょう。

私はその中でも比較的リーズぶるなものを購入しました!

③予備バッテリー

沢山使っていると途中で電池切れ?!なんてことも、、そんなことがないように一つ予備バッテリーがあると安心です。互換性のものは安くていいのですが出来れば純正をお勧めします!

ご自身のカメラのものを購入してくださいね!

④外付けストロボ

室内での撮影の強い味方!子供やペットを撮るときに使っています。

ここで注意したいのがカメラについているフラッシュを使ってしまうともろに光が目に入り最悪の場合失明してしまうことがありますので子供やペットにはむけないようにしてあげてください

そこで役立つ外付けのストロボ。光が出る部分を天井に向けて反射させるバウンス撮影というものができるので安全に明るい写真を残すことができます。(連射や長時間は目の負担になります

純正のものはお高いですが性能は抜群。自宅で少し使うだけなら安いものでも十分かもしれません。

私はこの二つを使っています!

沢山あるカメラアクセサリ

これまで11のアイテムをご紹介しましたがいかかでしたでしょうか。カメラはお金がかかると思われる方もいたと思います。でも同時に色々な楽しみ方がある趣味になるのです!

色々なものを比較検討しながら自分のカメラスタイルを築いていくのも一つの楽しみ方だと思っています。

ぜひこれを読んでくれた方が素敵なカメラライフを過ごせることを願っております。購入の際迷うことなどあったらお気軽にお声がけください。知りえる知識の中からではありますがお手伝いできることもあるかもしれません。

関連おススメ記事

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください